【MTG 高騰】命取りの論争 私のナイフと交換しない?

命取りの論争 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2022年2月21日現在

今回の1枚

このカードは本当にコモンでよかった。もしアンコモンなら500円オーバー、万が一レアだったら1,000円オーバーもあったでしょう。フォーゴトン・レルム探訪の中でも屈指の強カードだと思います。

命取りの論争 Deadly Dispute です。

命取りの論争

「素敵な指輪ね!私のナイフと交換しない?」

黒らしい対価を伴うドローカードになっています。ただ、このカードは余計なことが書いてあるんですよね。

まず、対価となるコストですが、2マナの支払いに加えアーティファクトかクリーチャーを生け贄にする必要があります。このコストのせいでお膳立てがいるため使い辛いですね。が、2マナのインスタントにしてはドロー枚数が2枚と破格の設定になっています。

恐らくこのカードはここまでの効果だったとしても多少は使われたと思いますが、最後の一言。「宝物・トークン1つを生成する。」が余計でした。つまり、実質1マナ換算で使えますし、マナを貯蔵するような使い方や多色化をサポートする目的で使うことも。自分のパーマネントを減らして唱えた呪文のはずが、宝物になって帰ってくるのでプラマイゼロ。どこを切り取っても便利さが際立っていて、この一言のおかげで構築級のカードになっていますね。

 

価格情報

命取りの論争価格

ぐいぐい上がってる状況です。確実に来てますね。

何だかんだコモンなので50円で買えるカードでしたが、今となっては100円出しても買えない価格になってしまいました。高騰理由は書ききれませんが、いくつか挙げたいと思います。それではどうぞ。

 

高騰理由

スタンダード、パイオニア、そしてパウパーで活躍中。

スタンダード

最高の相棒2体とパッケージで、コントロールやアグロにも採用されています。

ひきつり目 よろめく怪異

 

パイオニア

サクリファイス系のデッキが相性◎。

コルヴォルド 波乱の悪魔

 

パウパー

親和、トロン、ストーム、黒単・・・などなど。なんでも行けちゃう。

大霊堂の信奉者 水蓮の花びら

 

ということで、幅広い活躍と汎用性の高さから値上がるのは間違いないカードでした。思ったよりそれが早かったということだと思います。

 

今後の予想

300円は軽く超えてきそう。今後の在庫しだいですね。やはりどこまで行ってもフォーゴトン・レルム探訪は人気ないので、スタンダード末期に投げ売りされて一気に出回る可能性はあります。

それでも長い目で見た投資先としても優秀ですし、今後も期待できるカードですね。

 

個人的な投資状況

18枚あります。しっかり集めることができました。友人に結構配ってこの枚数なので、フォーゴトン・レルム探訪はこのカードばかり買い漁ってた感じですね。笑

当分は売らずに自分で使いつつ、時を待とうと思います。

 

まとめ

本日は命取りの論争でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

  1. ヒストリックで使ってますが、胆液の水源との相性がとても良いですね。

    よろめく怪異との相性はもちろん、忘却の儀式なども高相性、
    相手のパーマネント除去を結構器用にこなせます

    出てきた宝物は供物にもってこいです。

    • 胆液の水源!良いカードですね!
      個人的にも好きなカードで昔テゼレッターで使ってました。
      ヒストリックは紙が絡まないのでプレイしてませんが、
      モダンなどに転用できる面白い発見があるものですね。
      またコメントお願いします!

タイトルとURLをコピーしました