【MTG 高騰】ハーキルの召還術 親和に慎みというものを・・・

ハーキルの召還術 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。

2021年7月9日現在

今回の1枚

アーティファクト対策3連発!ここまでアーティファクト主体のデッキが流行ったらそりゃそうなるわなと・・・。ただ、今日は少し違う事情もあります。初出はアンティキティかな?

ハーキルの召還術 Hurkyl’s Recall です。

ハーキルの召還術

ラト=ナム大学におけるハーキルの研究でも二人の兄弟を止めることはできなかったが、その後数世紀の間、彼女の魔術は工匠達に慎みというものを教え込んだ。

青い2マナのインスタントです。プレイヤー1人を対象とし、そのプレイヤーのアーティファクトを全てバウンスします。

シンプルながら一撃でアーティファクトをきれいにできるのは対策カードとしては十分でしょう。2マナですからね。

 

価格情報

ハーキルの召還術価格

カクンっと上昇。明らかにモダンホライゾン2の影響が見えます。

ちなみに初出はアンティキティですが、第10版で再録されているのでモダンで使用可能です。

 

高騰理由

高騰理由は2つあります。まずは想像通りだと思いますが、親和への対策です。

微光蜂、ザーバス 思考の監視者

これは分かりやすいですね。最近の流行りを咎める目的でカードが高騰するのは自然だと思います。しかも、このカードは青なのがポイントです。青はアーティファクトに触るのが苦手なので、貴重な対策カードになり得ますね。

逆に青はアーティファクトを操るのが得意な色です。2つ目の高騰理由はアーティファクトをガチャガチャするデッキが自分のアーティファクトを戻して再利用するのにも使えます。インスタントなので、相手の除去に対しての防御手段として使うこともできるでしょう。破壊されるよりは戻した方がマシですからね。

ただ、基本的には1つ目の理由がメインです。

 

今後の予想

何度も再録されているので、そこそこの枚数は出回っています。が、最後に再録したのはモダンマスターズ2なので6年前。昔からやってる方であれば手元にあると思いますが、最近始めた方は持ってないことが多いでしょう。

価格としてはもう少しだけ上がりそう。少し上がって、最安400円が限界かな?トリム平均は1,000円行かないと思います。ただ、裏目の話をしておくと、モダンマスターズ2で再録される前は2,000円していました。

 

個人的な投資状況

様々なバージョン合わせて7枚あります。第10版、第5版、アンティキティ、モダンマスターズ2などバラバラなので、今回を機にバージョンを揃えて4枚集める予定です。残りは売ってしまいます。

皆さんはデッキに複数枚カードを入れる時、バージョンを揃える派ですか?バラバラでも許容できる派ですか?

 

まとめ

本日はハーキルの召還術でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました