【MTG 高騰】ケデレクトの寄生魔 ふとした考えの匂いが・・・

ケデレクトの寄生魔 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。

2021年5月17日現在

今回の1枚

マジックの中でもホラーのクリーチャータイプを持つカードは非常におどろおどろしいイラストが特徴的です。ただ、イラストをよく見ると指が4本だとか、背中の棘で犠牲になった人が描かれているとか・・・カードによってはストーリー的な気付きを得ることもありますね。このカードは、ただただ「ホラー」です。コンフラックスのレアクリーチャー。

ケデレクトの寄生魔 Kederekt Parasite です。

ケデレクトの寄生魔

ふとした考えの匂いがそれの飢えに火をつけるとき、その口は酸と脳味噌の味で満たされる。

フレーバーテキストも穏やかじゃないですね。バイオハザードとか苦手な方にはきついイラストかな。Twitterでつぶやくときにカードの中央部がサムネみたいになるので、最悪の絵面になることを事前にお断りしておきます。

まあまあ強いことが書いてあるクリーチャーです。1マナ1/1で、自分が赤いパーマネントをコントロールしていると、相手がカードを引くたびに1点ダメージを飛ばします。1マナということで1ターン目に出し、2ターン目に赤いパーマネントを用意すれば、そこそこのダメージを稼いでくれますね。通常ドロー以外のドローでもダメージが飛ぶので、相手によってはカードを引くことへの抑止としても働くこともあるでしょう。

 

価格情報

ケデレクトの寄生魔価格

まさかの半年で倍額に。何に使うんでしょうか・・・。

一応、歴史の話をしておくと、ここ5年で目立った活躍はないと思います。ただ、ずっと100円ぐらいはしていたカードだったので、強いけど使いどころのないカードポジションですね。

 

高騰理由

調べてみたんですが、特に目立ったトピックスは無し。明確な高騰理由は分からないですね。統率者戦とかだと思うのですが、採用したリストをほとんど見つけることができませんでした。

一応、組み合わせると強いカードを紹介すると、まずは悪意に満ちた幻視です。

悪意に満ちた幻視

追加ドローを強要し、ダメージを上乗せすることができます。

あとはおなじみのロフガフフの息子、ログラクフ

ロフガフフの息子、ログラクフ

このカードがあれば1ターン目からダメージを与えることができます。しかし、これらのコンボをあえて狙う意味があるかどうかは・・・疑問が残るところです。

逆に、相手のカード目線で考えると、デッキを全て引いてしまうようなコンボデッキに対しての抑止力としての活躍が見込まれます。最近悪さするのがいますからね。

 

今後の予想

コンフラックスのカードなので、なんだかんだ10年以上前のカードです。そして、再録は一度もありません。

なんか使えそうですし、期待を込めてこの価格をキープする予想です。ジャンドとかラクドス系のビートダウンがサイドボードに取る未来が来たら嬉しいですね。

 

個人的な投資状況

3枚持ってました。記憶があいまいですが、確か100円3枚入りのくじで3枚セットを引いたような記憶があります。1枚だけかも?どちらにしてもくじのハズレで在庫になっていたことになります。特に懸念もないので、売りに出すのが良いでしょう。

値上がっているとはいえ、大した価格ではないので、1枚だけは残すつもりです。

 

まとめ

本日はケデレクトの寄生魔でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました