【MTG 高騰】造物の学者、ヴェンセール アドバンテージの塊

造物の学者、ヴェンセール MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2021年2月4日現在

今回の1枚

今日は個人的にも好きな1枚です。このカードを1枚差しすることで、一気に玄人感が出るというか(笑)。初出は未来予知の青いレジェンダリークリーチャーを紹介します。

造物の学者、ヴェンセール Venser, Shaper Savant です。

造物の学者、ヴェンセール

彼の技術のすばらしさは、彼の頭の中の開発中の機械に比べると見劣りがしてしまう。

まずは効果の解説から。戦場に出たとき効果で呪文パーマネントをバウンスします。シンプルながらこれが強力で、自身がクリーチャーなのでアドバンテージを確保しやすいです。ここでいう呪文というのは唱えられてスタックに乗っている呪文のことで、つまり一時的な打ち消しになります。(マジックはルール上、スタックに乗っている呪文がスタックを外れたらそれは立ち消え。)

瞬速を持っているので、相手が唱えた呪文に対応して戦場に出すことで相手の計算を狂わせる使い方がメインでしょうか。ちなみに、この効果は「打ち消す」とは書いていないので、「打ち消されない」と書かれたカードも打ち消すことができます

また、パーマネントバウンスも特に制限がなく、かなり使いやすい能力になっていますね。総じて、非常に優秀なカードです。

 

価格情報

造物の学者、ヴェンセール価格

高騰というか、ちょこっと跳ねただけですね。一応、倍ぐらいにはなっているので、高騰カードで紹介することにしました。

最安のガタガタ感を見ていると取引件数が多くないことが分かりますが、そこそこにんきのあるカードなのは間違いなさそうです。

ちなみに、モダンマスターズ2017にて一度だけ再録をしていますね。

 

高騰理由

かなり幅広く使われています。青が入るクリーチャーデッキであれば、採用候補になり得るカードですね。特に相性がいいのは霊気の薬瓶を使うタイプのデッキで、4マナという少し重たいマナコストと上手く付き合うことができます。

霊気の薬瓶

モダンではバント、スゥルタイ、エスパーなどなど。様々なパターンが考えられます。レガシーでも同じくですね。特にレガシーでは実物提示教育の対策としてサイドインすることも。

実物提示教育

これらのデッキが特に結果を残したかというよりは、研究が進み採用されることが多くなってきたというのが高騰理由だと見ています。

 

今後の予測

使うとしても1枚と言うカードです。伝説ですし、2枚以上採用されたリストを見たことはほぼないですね。基本はメイン、サイド合わせて1枚です。

ここから上がるとは思いますが、緩やかかつ少しだけかなと思っています。安定して980円みたいなのが想像しやすいでしょうか?

 

個人的な投資状況

沢山あって12枚あります。ちょっと売り減らしってもいいかもしれません。4枚セット!とかで売れるタイプのカードではないですからね。

ちなみに大半がモダンマスターズ2017です。再録される前は1,000円以上していたものの、再録して300円とかまで下がったので買いまくってました。4年越しに投資が実ったのは嬉しいですね。

 

まとめ

本日は造物の学者、ヴェンセールでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました