【MTG 期待の一枚】ラヴニカのギルド ローテ後も注目のカード

MTG 期待の1枚
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2020年9月6日現在

はじめに

本日からシリーズ記事として更新していきます。このブログを立ち上げてから約5か月間ほぼ毎日更新で記事を積み重ねてきましたが、シリーズとして連続で更新していくのは初めての試みです。

シリーズの内容としてはゼンディカーの夜明けが発売した後、スタンダードからローテーション落ちが発生します。落ちるセットはラヴニカのギルドラヴニカの献身灯争大戦基本セット2020の4つですね。それぞれのセットごとに投資候補カードを紹介しようというシリーズです

スタンダード落ち後に価格が上がる可能性がある理由は昨日の記事をご覧ください。(昨日の記事はこちら。)

今日はその中からラヴニカのギルドから注目カードを紹介していきます。

また、パックの在庫も少なくなってきているのでお早めに。

<日本語版BOX>

<英語版BOX>

 

注目カード

色順に紹介していきます。ランキング形式ではありません。

注目理由をざっと押さえつつ、いくらなら買うという基準と一緒に紹介していこうと思います。それぞれカード名の後に()で買い基準を書いておきました。この金額よりも安かったら買うという感じです。

全て、私が実際に集めているカードとその買い基準ですので、参考になればと思います。

 

白は少ないです。

★議事会の裁き(20円)

議事会の裁き

横並びのデッキはいつだってあるものです。特にパイオニアには昇殿といったパーマネントを並べることを目指すキーワード能力もありますので、期待です。

 

★神聖な訪問(350円)

神聖な訪問

こういうぶっ飛びカードは替えが効かないですし、今後も何らかのトークンぶわーっと系カードは出ると思いますので期待感は高まるばかり。でも、少し前にちょっと上がったんですよね。今350円で集めるのはかなり難しいかも。

 

★薬術師の眼識(10円)

薬術師の眼識

スタンダードでは屈指のドロースペルでしたが、さすがに下環境では厳しいか・・・。いや、何とかなるはず。逆転の発想で下環境の方が墓地肥やしが豊富ですからね。あとは普通に荒野の再生デッキで使われてます。

 

★ナルコメーバ(50円)

ナルコメーバ

再録カードとはいえ間違いないカードですよね。できればイラストが特徴的な未来予知版をここで集められると投資的には成功と言えるはず。いずれまた400円ぐらいに戻ると思ってます。

 

★夜帷のスプライト(10円)

夜帷のスプライト

ならず者。以上。ならず者は沢山いますが、後続を引き込みやすくなる効果はゼンディカーの夜明け的にも面白いはず。

 

★急進思想(10円)

急進思想

薬術師の眼識と理由は近いですが、こちらはコモンです。パウパーでドロー連鎖系のデッキが出てくれば可能性あるはず。

 

★這い寄る恐怖(30円)

這い寄る恐怖

これはもしかするとナンバーワン投資対象かもしれません。FOILとかは300円とかであれば買い集めてます。ドレッジなり、3点ライフゲイン戦略なり、いろいろ使えますね。

 

★破滅を囁くもの(150円)

破滅を囁くもの

統率者戦でもかなり有用なカードですよね。ライフ40点ゲームだとかなり自由が効きます。コンボを揃えるような使い方になるなると思いますが、占術じゃなくて諜報ってのがいいですよね。あと、デーモンとナイトメアは近い将来スポットが当たる気がしています。なんとなく。

 

★陰惨な生類(10円)

陰惨な生類

なんかやれそう。以上

 

★ロッテスの巨人(10円)

ロッテスの巨人

一撃必殺を狙えるカードです。クリーチャーてんこ盛りの墓地利用デッキでフィニッシャーとして活躍する可能性がわずかにあります。個人的に好みということもあって無限回収中。

 

★疫病造り師(10円)

疫病造り師

毎ターンクリーチャーを蘇生するようなデッキではかなり有能な除去内蔵クリーチャーになります。状況が噛み合えばプレインズウォーカーや呪禁クリーチャーにも対処できるのは素晴らしいですね。

 

★弧光のフェニックス(700円)

アークライト

まあ、これはむしろスタンダードよりもともと下環境のカードですよね。これはあえて言うことも特になし。

 

★実験の狂乱(30円)

実験の狂乱

この手のカードはうまく言えないけどなんかやりそう。なんか悪いことやれそう・・・。

 

★ゴブリンのクレーター掘り(10円)

ゴブリンのクレーター掘り

エムラクールを屠れるゴブリンとしていつか有名になるはず。どうでしょうか?最近はゴブリンがやけにテクニカルな強さを発揮しているので、注目度は上がっていますね。

 

★最大速度(10円)

最大速度

2回使える速攻付与。これはエライ!統率者戦でもパウパーでもやれそうな一枚です。

 

★遁走する蒸気族(50円)

遁走する蒸気族

赤単とかコンボとかこれからも活躍できるカードですね。

 

緑は1つだけ。

★獣に囁く者(30円)

獣に囁く者

唱えるたびなので、トークンなどでは誘発しないものの、唱えたクリーチャーが打ち消されてもカードを引けるのは良いですね。統率者戦でも期待できます。

 

多色

流石はラヴニカ。多色が多めです。

★万面相、ラザーヴ(200円)

ラザーヴ

ケシスの相棒というか黒幕として暗躍しましたが、ケシスがパイオニアで禁止に。新しい相棒を見つけられるかどうか・・・。

 

★記憶の裏切り(20円)

記憶の裏切り

統率者戦で使うと楽しすぎるカードです。ほんとにいいカード。値上がるかどうかは・・・誠に未知数。

 

★思考消去(150円)

思考消去

色が合うならとりあえず入れていいのでは?パイオニアには思考囲いがあるので、最強の手札破壊とは言えないかもしれませんが、二番手ではあると思います

 

★秋の騎士(200円)

秋の騎士

キングオブ便利。これからも使われるでしょうし、緑の太陽の頂点があるレガシーでも採用実績がありますね。

 

★千年嵐(50円)

千年嵐

楽しそう。使ったことはないけども。まあ、統率者戦かな?

 

★ゴルガリの女王、ヴラスカ(250円)

ヴラスカ

下環境でもすでに活躍の兆しあり。サイドボードに向いているカードだと思います。他のサイドボードカードを引きこむこともでき、除去もできる。すばらしい。

 

★栄光の好機(150円)

栄光の好機

値上がる要素がつまっているカード。インスタントの追加ターンにオマケつき。これは無限回収です。

 

無色

★彩色の灯籠(150円)

彩色の灯

これも採録カードですが、5色の統率者デッキなどで需要が確実にあるカードです。

 

土地

詳しくは割愛しますが、ショックランド各種。目玉カードです。

★ショックランド各種

青、黒:湿った墓(800円)
緑、白:寺院の庭(700円)
青、赤:蒸気孔(1,000円)
黒、緑:草むした墓(800円)
赤、白:聖なる鋳造所(500円)

すでに上がり始めてますが、

土地はこれ以外はないですね。

 

まとめ

本日はラヴニカのギルドから注目カードの紹介でした。

明日はラヴニカの献身です。ラヴニカのギルドほど枚数はないかもしれませんが、ご期待ください。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました