【MTG 高騰】レオニンの裁き人 我々の法は意味を成さない。

レオニンの裁き人 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカードゲーム副業で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2020年8月29日現在

今回の1枚

本日は高性能な熊をご紹介。まさに”殴れる妨害”はモダンを中心に活躍中。ミラディンの傷跡よりレア猫。

レオニンの裁き人 Leonin Arbiter です。

レオニンの裁き人

 「我が人々は内紛に裂かれてしまった。 両側が和睦するまで、我々の法は意味を成さない。」

面白い効果ですね。「プレイヤーはライブラリーから探せない。」シンプルかつ強力なロック効果を持っています。「探せない」の効果はいくつも種類がありますが、2マナというのは破格の軽さです。そして、そのかわりに特別な処理として2マナを支払うとこの効果がターン終了まで無かったことになります。これこそがこのカードの面白さですね。

ただ、マジックにおいて何かを探す効果を使いながら2マナ余分に支払う行動は致命傷になりかねないテンポロスです。実質、完全とはいかないまでも90%ぐらいはロックされる状態になります。

メインで活躍しているのはモダンですが、フェッチランドをマナベースの基本としている環境なので、使われると非常に厄介です。

 

価格情報

レオニンの裁き人

グイっと上がって、落ち着いたかな?どうかな?という感じです。

再録もあって長らく180円の最安が続いていたので、久しぶりに動いたなと思いました。数年前は500円ぐらいしていたカードなので、実力は十分なんですよね。

 

高騰理由

高騰理由としては、相対的にデス&タックスが強くなったからかなと想像しています。デス&タックスとは妨害効果を持った白いウィニークリーチャーを並べて、有利な状況を作りながら殴り切ることを目指すデッキです。

サリア ルーンの与え手

現在のモダンは自然の怒りのタイタン、ウーロが幅を利かせており、バントカラーなどの多色デッキが多い環境になっています。

ウーロ

フェッチランドが多用されることになりますので、レオニンの裁き人が効果てきめんです。

他にもジャンドなんかも復権してきていますので、そこにも相性の良さがあります。(ジャンドはそれでも超えてきますが・・・。)

 

今後の予測

今の価格が適正だと思います。というのはトリム平均が700円ぐらいまでいった後、600円ぐらいまで下がっていると思いますが、過去の最高値もこんな感じだった記憶があります。

ひとまず、予想としてはここまで。売り時だと思います。

 

個人的な投資状況

20枚ぐらいありました。すでに売りに行っていて、数枚売れていますね。

自分でも使っていますので、その分は残しますが、残りも一気に売りに行こうと思います。

 

まとめ

本日はレオニンの裁き人でした。

今日は短い記事になりましたね。それにしても最近は白いカードばかりになっている気がします。少しの間、白いカードを封印する予定。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました