【MTG 雑記】10/10禁止改定 スタンとモダンに変更あります

食肉鉤虐殺事件 MTG 雑記
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2022年10月11日現在

はじめに

10/10に禁止改定がありました。それについて公式の記事を要約し、考察していこうと思います。

スタンダードとモダンに禁止カードが1枚ずつ。解除はありませんでした。

 

禁止カード

スタンダード

・食肉鉤虐殺事件 禁止

食肉鉤虐殺事件

最近のスタンダードは黒が強いよね。黒の中にもいろんなデッキがあって、1つのデッキだけが強い状況じゃないから良いと思う。

ただ、黒の使用率を少し落とす必要はありそうだから1枚だけ、食肉鉤虐殺事件を禁止にすることにしたよ。すべての黒いデッキに入るわけではないけど、小型クリーチャーで攻めるウィニー系のデッキを絶滅に追い込んでたから一番健全じゃないと判断された。

次の兄弟戦争が発売されて、他の色も輝く環境になればいいなと思ってるよ。

 

モダン

・空を放浪するもの、ヨーリオン 禁止

空を放浪するもの、ヨーリオン

モダンはかなり多様性のある環境になっていて、一番勝っているデッキも数パーセントの支配率にとどまってる。ただ、空を放浪するもの、ヨーリオンは以前から禁止が検討されてたので、ここで調整を加えることにした。

理由としては4色オムナスの勝率アップを助けてるね。おそらく、データ的には使用率が更に伸びると思う。で、80枚デッキはシャッフルしづらい話もあるから増えすぎるのはよくないよね。なんといってもモダンにはフェッチランドがあってシャッフルの機会が多いってのもある。

空を放浪するもの、ヨーリオンで戦場に出たとき誘発を使いまわす関係でゲームプランも長くなりがちだし、似たような展開になりやすい。

ということで、モダンの楽しさを確保するために禁止にしたよ。

 

個人的な感想

皆様と同じ感想だと思いますが、まさか「シャッフルがだるい」という理由が飛び出すとは思いませんでした。笑

それならレンと六番は毎ターンのようにフェッチランドを使いまわすけど・・・。良いのでしょうか?デッキが60枚ならいいのか・・・?

レンと六番

空を放浪するもの、ヨーリオンはカードゲームの常識を塗り替えた稀有な存在でした。20年以上の間、60枚デッキと80枚デッキを比較し80枚デッキが強い局面はまず無かったわけです。それを覆した革命ともいえるカードだと思います。(空を放浪するもの、ヨーリオンを考察する記事を作ろうと思いながらも難しすぎて止まっています・・・。)

その空を放浪するもの、ヨーリオンがモダンで使えなくなるのは非常に残念。個人的にもメインのデッキを含め、2つ採用したデッキがあったので解体して組みなおすことにしました。空を放浪するもの、ヨーリオン自体はパイオニアでも使っているので、そちらで活躍させようと思います。

スタンダードは・・・それでも黒が強いことには変わりなさそうですけどね。コントロール系は減って、ウィニーは戻ってくる気がするので良いのではないでしょうか?このあたりのカードに期待したいと思います。

スレイベンの守護者、サリア 家の焼き払い

最後に食肉鉤虐殺事件を投資目的で買ってしまった皆様に元気が出る言葉を送りたいと思います。

 

PK può rimuoverla, PK solo con il coraggio di calcio.

「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持った者だけだ」

byロベルト・バッジョ

 

まとめ

本日は10/10の禁止改定の感想でした。

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました