【MTG 高騰】霧深い雨林 晩年2位とは言わせない

霧深い雨林 MTG 高騰
スポンサーリンク

アンタップ、アップキープ、どーも

MTGアカデミーのジンです。

今日もMTGで価格のリサーチ&ディスカッションしていきましょう!

2020年4月12日現在

今回の1枚

今更取り上げるほどでもない1枚だとは思います。

ただ、ここ1年の実績値からここでの紹介が適正と判断しました。

ゼンディカーより青緑フェッチランド。

霧深い雨林 Misty Rainforest です。

霧深い雨林

 

説明不要の高額カード群、フェッチランドですが、

現在、10ある組み合わせの中で最高額に躍り出ているのが、

この青緑フェッチこと霧深い雨林です。

それでは、詳しく価格です。

価格情報

雨林価格

1年スパンで見ています。

いろいろありましたが、全体的にかなり上がってますね。

ここ1年でフェッチランドの状況は大きく変わりました。

まず、簡単にランキングまとめてみたのですが・・・

ランキング

不動の1位だった赤青フェッチは2位に陥落

青緑フェッチは見事に1位を獲得したわけですね。

ここ1年間で如何にして1位の座を獲得するに至ったか、見ていきましょう。

高騰理由

先ほどのランキング推移を集計した2019年4月ごろに何があったか。

直前からの発売をまとめると、

2019年1月 「ラヴニカの献身」発売
——集計点——
2019年5月 「灯争大戦」発売
2019年6月 「モダンホライゾン」発売
2019年7月 「基本セット2020」発売
2019年10月 「エルドレインの王権」発売
2020年1月 「テーロス還魂記」発売

そして、それぞれの青緑系のトピックスとしては・・・

「ラヴニカの献身」・・・ハイドロイド混成体登場

ハイドロイド混成体

「灯争大戦」・・・3テフェ登場(バント)

3テフェ

「モダンホライゾン」・・・
レンと六番(ティムール)、否定の力、氷牙のコアトル

レンと六番 否定の力 氷牙のコアトル

「基本セット2020」・・・茨の騎兵、アーク弓ビビアン

茨の騎兵 アーク弓ビビアン

「エルドレインの王権」・・・ギルティ・王冠泥棒、オーコ、厚かましい借り手

王冠泥棒 厚かましい借り手

「テーロス還魂記」・・・自然の怒りのタイタン、ウーロ

ウーロ

吹き荒れる追い風。

そりゃ上がりますわな。

そのどれもがトップレア級なのがすごい。

 

フェッチが使えるのはモダン以下の環境にはなりますが、

そこにインパクトを与えるだけのカードたちがずらりと並んでいます。

昨年末に今以上の高騰を見せていた時期は

王冠泥棒さんが禁止になるのかどうなのか言っていたタイミングです。

結果はご存じの通りですが・・・

2019年11月22日・・・スタンダード、ブロールで禁止
2019年12月16日・・・パイオニアで禁止
2020年1月14日・・・モダンで禁止

今はウーロの登場で持ち直してる感じですね。

今後の予測

流石に打ち止めでしょう。

歴史を見てもフェッチの過去最高額が

10,000円ちょこっとオーバーなことを考えると、

期待はするものの感覚的に難しい。

あと500円、1,000円を期待するより、

しっかり売り切って次の仕入れのことを考えたいですね。

 

高額土地は上がり下がりの波に乗ってるだけで儲かります。

いずれサイクルとして下がるタイミングは来るので、

その時にきっちり買い戻すためにも

今利益を出しておきたいという思考回路です。

個人的な投資状況

現在、在庫は6枚。

意外と少ないのは去年末に売ってしまったからです。

そして内4枚は個人のデッキに使ってますので、実質の売り弾は2枚。

ですが、この記事を買いてる最中に売約しました。

9,000円で売ることになったので、購入が5,200円だったことを考えると

6,000円以上の利益になりそうです。

十分ですね。

まとめ

本日は霧深い雨林でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、

知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

 

このブログも立ち上げたばかりなので、

記事の形式やサイトの見易さなどにもご意見なども頂けると嬉しいです。

 

それでは、今日もマジックで稼いでいきましょう。

MTGアカデミーのジンでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました