【MTG 高騰】ネベルガストの伝令 戦闘を有利にするスピリット

ネベルガストの伝令 MTG 高騰
スポンサーリンク

アンタップ、アップキープ、どーも

MTGアカデミーのジンです。

今日もMTGで価格のリサーチ&ディスカッションしていきましょう!

2020年4月10日現在

今回の1枚

今日の1枚はスピリットバーゲンセールだった異界月より。

戦闘に有利をもたらす、青の2/1フラッシュ・フライヤー。

 

ネベルガストの伝令 Nebelgast Herald です。

ネベルガストの伝令

 

カード名 ネベルガストの伝令/Nebelgast Herald (ねべるがすとのでんれい)
マナコスト (2)(青)
タイプ クリーチャー — スピリット(Spirit)
テキスト 瞬速(あなたはこの呪文を、あなたがインスタントを唱えられるときならいつでも唱えてよい。)

飛行

ネベルガストの伝令か他のスピリット(Spirit)が1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、対戦相手がコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それをタップする。

P/T 2/1
フレーバ
初出セット アンコモン, 異界月 (71/205)

アンコモンを取り上げるのは初ですね。

 

3マナ2/1。

大半のスピリットが持つ飛行に加え、

最近のスピリットらしく瞬速を持っています。

そして、自身もしくは他のスピリットが出ると

対戦相手のクリーチャーをタップすることができます。

 

各種スピリットデッキに複数枚採用されることが非常に多いカードです。

そもそもスピリットには飛行という回避能力がついているのに、

クリーチャーが出るたびにブロッカーが寝ていけば・・・

防御側はクリーチャーでの防御を完全にあきらめることになるでしょう。

価格情報

ネベルガスト価格

 

ガンガン上がってますね。

ウハウハありがとうございます。

スタンダードにいた頃からスピリットデッキには

ほぼ4枚採用のカードで実績もありますが、

アンコモンということもあり始めての高騰ではないでしょうか。

高騰理由

やはり、

パイオニアでの実績と使用者数の安定が原因でしょう。

おそらく、スピリットデッキは

パイオニア環境で飛びぬけて安定感のあるビートダウンです。

まず、軽量であることと、

ロードが2種

至高の幻影天穹の鷲

優秀な攻守一体カード

無私の霊魂呪文捕らえ

”最強”の展開補助

カンパニー

と環境でも屈指の軽量かつ優秀なクリーチャーが多数。

そして、スピリットデッキを見ないパイオニアの大会は見たことがないと言っていいでしょう。

使用者数が多く、人気も高いことがこのカードの価値を高めています。

もちろん結果も出ているのも良いですね。

今後の予測

ほぼ安定でしょう。

上がってもあと数十円と予想しています。

在庫が過多なら売り時、欲しいなら買い時でしょう。

あくまでも、ほぼ種族デッキでしか使えないアンコモンです。

過度な期待は禁物ですね。

個人的な投資状況

現在庫37枚
販売済み22枚

購入額はほとんど20円、数枚高くても50円。

合計投資額は1,500円入ってません。

平均して50円~80円で売れていますので、

すでに利益になり始めました。

 

あと37枚は様子を見ながらちまちま利益にしていきます。

とにかく、強いアンコモンは買っておきましょう。

投資額も低く抑えられるのでオススメです。

まとめ

本日はネベルガストの伝令でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、

知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

 

このブログも立ち上げたばかりなので、

記事の形式やサイトの見易さなどにもご意見なども頂けると嬉しいです。

 

それでは、今日もマジックで稼いでいきましょう。

MTGアカデミーのジンでした。

コメント

  1. ジン学長初めまして
    ブログ読ませて頂いております。(Twitterから来ました。)
    質問なのですが、意見等を頂けたらと思います。
    解き放たれた繁栄
    と言うカードについて今後日本でも値上がると思いますでしょうか?

    • コメントありがとうございます。
      鋭い視点だと思います。実は紹介しようと思っていました。
      すでに上がってきていますね。更に上がると予想しています。
      Xマナコスト呪文が出ないセットはおそらくありませんので、これからも注目の1枚になり続けると思います。
      また、モダンホライゾンなので再録されるタイミングが想像できない、おそらくないのも追い風ですね。

  2. テスト

タイトルとURLをコピーしました