【MTG 期待の1枚】血の執行司祭 マナフィルターの重要性を実感

血の執行司祭 MTG 期待の1枚
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

本日は、値上がる予想をしているものの、まだ上がってきていないカードを紹介する【MTG 期待の一枚】です。

2022年7月4日現在

今回の1枚

1枚差し。デッキリストを読み解くと訳があって1枚だけ採用されているカードを見かけることがあります。特定の呪文で持ってくるとか、2枚引いても意味がないとか、デッキを組んだら59枚だったので数合わせで入れた除去だとか・・・。様々な事情があるはず。例えば、このレギオンのコモンクリーチャーは最たる例かと思います。

血の執行司祭 Blood Celebrant です。

血の執行司祭

あいつらの血は、陰謀団に滋養を与える神酒さ。
――― 触れられざる者フェイジ

1マナのコモンクリーチャーらしい、非常に控えめな効果を持っています。黒1マナと1点のライフで好きな色を出せるという効果です。いわゆる「マナフィルター」というやつですね。

変化前のマナが黒限定であることと、ライフが1点必要なので、正直ほかに良いカードはいくつかあります。ただ、フォーマットしだいで何があるか分からないのがマジックというもの。詳しくは注目理由で解説していきます。

 

価格情報

血の執行司祭価格

意外と動いてるんですよね。まっすぐ何の波風も立っていないカードは動きにくいですが、ここまで気配があると期待してしまいます。

ちなみに再録は無し。もう20年近く前のカードですから、コモンとはいっても手に入りにくくなってますね。

 

注目理由

使われているデッキはピンポイントです。パウパーのサイクリングですね。このデッキは勝ち手段のパターンが多く、それが各色に散らばっています。

ドラニスの刺突者を置いてサイクリング連打。

ドラニスの刺突者

ディハーダの策謀で超回復。

ディハーダの策謀

遺棄地の恐怖でワンパン。

遺棄地の恐怖

などなど。サイドボードにも色の柔軟性を持たせて紅蓮破骨までの齧りつきと各色の基本土地まで採用しているパターンが主流になってきています。

紅蓮破 骨までの齧りつき

灰のやせ地があるので、サイドボードから1~2枚投入した基本土地はサーチ可能です。

灰のやせ地

とはいえ、勝ちパターンが4~5色にまたがっていることと、いろんな色のカードを使う関係で、マナフィルターの役割が重要になってくるというわけです。また、もう一つの要素として、パウパーは優秀なマナフィルターが禁止になっているフォーマットでもあります。

アーカムの天測儀 予言のプリズム

これらの禁止カードと違ってライフが必要でドローがないものの、何度も起動できるのがメリット。サイクリングのように連鎖的なデッキであれば、むしろ使いやすいでしょう。

ちなみに採用枚数は当然のようにほとんどのリストで1枚。2枚引いても意味がないですし、やはりこの貧弱クリーチャーを2枚引きたくないですからね。

 

今後の予想

パウパーのサイクリングで使われ続けている限り、じわじわ上がってくると思います。ここまで古いと在庫も減ってくるでしょう。今のところ買える状態ではありますが・・・。

何かもう一つ4色以上使うようなデッキが出てきてほしいですね。

 

個人的な投資状況

奇跡的に1枚だけ持っていました。これは値上がったとしても売らずにキープします。

パウパーのサイクリング面白そうですよね。頭の体操一人回し用に作ってみようかな?

 

まとめ

本日は血の執行司祭でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

  1. このカードは統率者のケリクのマナブーストでも前から使われてますね。
    Foilがグンと跳ね上がるタイプのカードです。

    • コメントありがとうございます!
      たしかにケリクのリストに入ってるのを見かけますし、
      噛み合ってますね。
      また教えて下さい!

タイトルとURLをコピーしました