【MTG 高騰】ボールドウィアの重量級 話題を持っていく。

ボールドウィアの重量級 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2022年5月19日現在

今回の1枚

ちょっと上がり切らなかったかな?とは思いますが、長年のカスレアが値上がったからには紹介せずにはいられません。モーニングタイドの超デメリット持ち巨人をご紹介します。

ボールドウィアの重量級 Boldwyr Heavyweights です。

ボールドウィアの重量級

巨人の旅は、他に何を持っていなくても話題を持っていく。

4マナ、8/8、トランプル。圧倒的なマナレシオを持つカードですが、当然デメリットが付いています。このデメリットが強烈で、各対戦相手はデッキからタダでクリーチャーを場に出すことができるというものです。これをどうとらえるかで評価が変わってきます。

相手のフィニッシャーをデッキの中から出させてしまうというのはリスクが大きすぎるのは間違いありません。もし相手のデッキに引き裂かれし永劫、エムラクールが入っていたら・・・8/8、トランプルなんて全く歯が立ちませんし、コストも見合わないでしょう。

エムラクール

が、裏を返せば相手のクリーチャーが大したことなければデメリットは軽減できます

それを踏まえて使うかどうか。相手のデッキが分かっている前提で使うしかない以上、サイドボードから入れることになると考えるとかなり厳しい。このカードが使えるモダン以下の環境でサイドボードに「相手のクリーチャーが貧弱な時限定のデメリット付きクリーチャー」を採用している余裕は残念ながらありませんね。つまり、何らかのコンボ前提のカードということになります。

 

価格情報

ボールドウィアの重量級価格

300円オーバーですよ?信じられますか?最安は2倍になった程度ですが、100円に到達しました。

意外と再録をしていないカードで、FOILはまあまあ高値です。リミテッドとかでは相当活躍できると思いますので、どこかのマスターズに再録してほしいなと思っています。

 

高騰理由

値上がったからにはコンボが見つかったわけですが、意外にも統率者戦です。このデメリットは「各対戦相手」なので、3人がクリーチャーを踏み倒せることになります。デメリットが3倍になるわけですね。よほど相性の良いジェネラル候補が出てこないと・・・と思ったら面白いのが出ました。ニューカペナの街角統率者デッキで登場した梁町の暴漢です。

梁町の暴漢

ターンプレイヤーに自分の墓地のクリーチャーを速攻と使嗾付きでプレゼントします。出たクリーチャーはターン終了時に追放されるので、簡単にまとめると「自分の墓地からクリーチャーを渡して、自分以外を殴らせる能力」ということですね。

デザインとしては自分以外のプレイヤーを殴り合わせて、戦闘を激化させるイメージですが、デメリット付きのクリーチャーを送りつけることで+α得をしよう!なんてことができます。となるといろんなデメリット持ちのクリーチャーが高騰するのは自然な流れで、ボールドウィアの重量級をはじめスポットライトが当たったという訳です。

他にはこんなのも面白いですね。

地ならし屋

 

今後の予想

最安がもう少し伸びればいいなーと思いながらも、ここまで予想です。

使われ方が限定的すぎるので、おそらく再録などしているカードであればそこまで上がってなかったと思います。いまでも頑張った方ですね。

 

個人的な投資状況

11枚ありました。すでに売り始めています。

統率者需要ということで、4枚セットの販売は難しいです。頑張って1枚ずつ売るしかないですね。

 

まとめ

本日はボールドウィアの重量級でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました