【MTG 雑記】統率者戦 色別オススメカード 1,000円以下

秘儀の印鑑 MTG 雑記
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2022年5月8日現在

はじめに

統率者戦とは伝説のクリーチャーを統率者(=ジェネラル)とし、その統率者と同じ色を持つカードで100枚のハイランダーデッキを作って遊ぶ多人数フォーマットです。ハイランダーとはすべてのカードを1枚ずつ採用したデッキのことで、マジックの場合は基本土地以外のカードを全て1枚制限としてデッキを構築します。細かいルールは割愛。

土地はだいたい30~38枚ぐらい入れることになりますので、基本土地以外の特殊土地とその他60枚以上のスペルをチョイスしなければなりません。だいたい80~90種類ぐらいのカードを探さないといけないわけです。結構大変。

なので、ある程度のデッキにほぼ入ってるよね。というカードを色別にまとめてみましたので、デッキを作る参考にしてもらえたらと思います。題して、「統率者戦 オススメカードまとめ」です。

今回はこの記事を書いている2022年5月8日時点で、1,000円以下で買えるカードのみに絞っています。高いカードでなくても優秀な汎用カードは沢山ありますので、省エネでやっていきましょう。

※他にもこんなのあるよ!というカードがありましたらコメントでぜひ教えてください!私も参考にします。

 

統率者戦 色別オススメカード

★剣を鍬に

剣を鍬に

通称:ソープロ。たった1マナでクリーチャーを追放できます。統率者戦ではクリーチャーがほぼ100%キーカードになる(統率者を設定するため)のと、初期ライフが40点あるのでライフの価値が低いフォーマットです。デメリットはほぼなしと言っていいでしょう。

 

★流刑への道

流刑への道

これも剣を鍬に同様、1マナでクリーチャーを追放できます。土地のプレゼントも多人数戦であればとくに気にならないでしょう。

 

 

★渦まく知識

ブレスト

青は軽量ドローが続きます。まずは何といってもブレスト。統率者戦は100枚デッキかつすべてが1枚制限ということで、キーカードにたどり着くのが難しいフォーマットです。3枚見られるのは非常にありがたい。ハンデスから大事なカードを隠す使い方も。

 

★思案

思案

これも同じく3枚見られるドロー呪文。デッキをシャッフルする手段としても有効です。渦まく知識と合わせて使いたい1枚。

 

★定業/血清の幻視

定業 血清の幻視

この2枚も超優秀。占術の順番で使い勝手が変わってきますが、両方採用しても邪魔になることはないでしょう。

 

★ギタクシア派の調査

ギタクシア派の調査

1マナどころか0マナで1枚引けるカード。初期ライフが40点ある関係で、ファイレクシアマナのライフ支払いが想定的に軽く済むのがポイント。

 

★意外な授かりもの

意外な授かり物

統率者戦で非常に輝く1枚。全プレイヤーは手札を捨て、一番手札の枚数が多かったプレイヤーの枚数分引きます。手札に集まってきているコンボパーツを落としたり、不利なプレイヤーが手札入れ替えで持ち直したり。ドラマを産むカードです。

 

★白鳥の歌

白鳥の歌

エンチャント、ソーサリー、インスタントを1マナで打ち消せるカウンター。相手に2/2飛行のプレゼントをするのが厳しいように感じますが、多人数戦で初期ライフが40点もあれば問題ありません。

 

★粗石の魔道士

粗石の魔道士

後述する太陽の指輪など優秀なアーティファクトをサーチ可能できます。100枚デッキである都合、サーチが強力なのは言わずもがな。

 

★暗黒の儀式

暗黒の儀式

このカードを撃ちたいがために黒のジェネラルを選ぶ方もいるのでは?1マナを3マナにジャンプできるのはシンプルに2ターン先取りして行動できているようなもの。多くの黒系ジェネラルでほぼマスト採用になると思います。

 

★四肢切断

四肢切断

かなり広く見られて、打ちやすい除去。ファイレクシアマナの負担が軽いのはこのカードも同じで、実質1マナでほとんどのクリーチャーに対処可能です。

 

★信仰無き物あさり

信仰無き物あさり

1マナ、3マナで計2回手札の入れ替えができるカードが弱いわけなし。やはり、掘り進められる枚数が多いドロー呪文は活躍しやすいです。

 

★力ずく

力ずく

調整できるアーティファクト破壊。統率者戦はアーティファクトが並びやすいので使い勝手が良いです。できればXは2以上で唱えたいところ。

 

★紅蓮破/赤霊破

紅蓮破 赤霊破

これは必須ではありませんが、統率者戦は青が強いフォーマットです。(他もそうですが・・・。)打ちどころはなんだかんだあります。全く青を使わない4人卓になる可能性ももちろんあるので、手札を入れ替えられる手段と一緒に採用するのがオススメです。

 

★内にいる獣

内にいる獣

 

超万能除去。パーマネント全般に触れるのが非常に優秀。3/3トークンのプレゼントが大した脅威にならないのは他のカード同様です。

 

★自然の要求

自然の要求

これまた超万能除去。クリーチャーに触れませんが、1マナという軽さに加えてインスタントです。弱いわけなし。ライフのプレゼントも初期ライフが40点(以下略)

 

★進歩の災い

進歩の災い

アーティファクトが並びやすい統率者戦において、一撃で戦況を一変させられるカードです。自分のアーティファクトを巻き込んでしまいますが、サイズアップと天秤にかけて出すタイミングを調整すれば問題なし。

 

★三顧の礼

三顧の礼

単色であっても、多色であってもデッキから直接場に出せる土地サーチは便利です。森・カードという縛りがありますが、ショックランドやトライオームなども持ってこれるので柔軟性抜群です。

 

★森の占術

森の占術

こちらは手札に加えられる土地サーチ。三顧の礼と違い、持ってくる土地に縛りがありません。多色デッキの安定感向上に貢献してくれます。

 

無色

★太陽の指輪

太陽の指輪

もはや説明不要でしょうか?統率者戦はこのカードが許されているから面白いと言えるぐらいのカードです。レガシーで禁止のカードを自由に使えるチャンスを逃す手はありません。

 

★秘儀の印鑑

秘儀の印鑑

統率者戦専用マナファクト。特別な事情がない限り、多色であれば必須。単色でも使えるレベルの万能カードです。最近は統率者デッキにもれなく入ってるので、集めやすくなったのもGOOD。

 

★各種2色印鑑/各種2色タリスマン

ゴルガリの印鑑 独創のタリスマン

色を安定させつつ、1マナジャンプできるマナファクト。設置するのに色マナがいらないのがとにかくエライ。多色ジェネラル専用カードですが、入れるだけでマナベースが安定するのでオススメです。

 

土地

2色土地などジェネラルに合わせた土地は省いて、統率者戦ならではの土地をご紹介。

★統率の塔

統率の塔

これは説明不要でしょうか?多色なら必須です。

 

★統率の灯台

統率の灯台

ジェネラルを手札に加える。なんの意味もないように見えますが、ジェネラルが何度もやられてしまった時に手札に加えてあげることで通常のマナコストで唱えられるようになります。他にはハンデスに対して起動することで、ジェネラルを捨てて手札を守ったりとトリッキーな使い方も可能です。

 

まとめ

本日は統率者戦 色別オススメカード 1,000円以下でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました