【MTG 高騰】塵は塵に 長い年月の間に錆びて壊れて。

塵は塵に MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2021年月日現在

今回の1枚

ひっそりとパウパーの環境が変わってきています。今日はその環境の中心にいるデッキのカードではなく、対策カードの方をご紹介。初出はザ・ダークまでさかのぼります。

塵は塵に Dust to Dust です。

塵は塵に

このガラクタは全部、魔道師たちが造ったもの。
長い年月の間に錆びて壊れて。
――― エイリーン・コララーン「遺された物」

個人的にフレーバーテキストがとっても好みです。

まず、日本語テキストをどうぞ。シンプルです。

アーティファクト2つを対象とし、それらを追放する。

3マナで2つのアーティファクトが追放できるのは非常に優秀。コモンとは思えない性能ですが、デメリットとしてはアーティファクトを2つ対象に取らないと使えないようになっています。

とはいえ、3マナで1対2交換が取れるカードなので、対策カードとしてサイドから投入するには申し分ないでしょう。

 

価格情報

塵は塵に価格

一気に急上昇!もともと使われているカードなので、理由なくしてこうはならないですね。

在庫もかなり少ないようですし、投資できた方々はおめでとうございます。

 

高騰理由

パウパーのアーティファクト主体デッキと言えば親和です。

マイアの処罰者 感電破

最近禁止カードを輩出してしまったようなデッキですが、勢いは衰えていません。理由は明確で、モダンホライゾン2でアーティファクト2色土地が登場したからです。

鉱滓造の橋 銀色険の橋

タップインではあるものの、破壊不能のオマケが付いているアーティファクト土地の登場はパウパーを変えてしまうには十分。親和の安定した多色化に貢献し、デッキパワーを押し上げました。

そうなると対策カードに注目が集まるもので、塵は塵にが注目されて高騰したというわけです。親和目線で言うとアーティファクト土地を多用することが完全に裏目に出て、パーマネント全てが的になってしまいます。

パウパーは白いビートダウンが常に強いので、それらのデッキがサイドボードに入れるという

 

今後の予想

市場現存枚数がほぼない状態かと思います。第5版で再録しているとはいえ、どちらも20年以上前のセットです。

パウパーにおいて、白いデッキの必須カードになりつつあります。上がりきったように見えますが、強気にもっと上がる予想です。

 

個人的な投資状況

さすがに持っていませんでした。値上がる兆候はあったんですけどね。残念ながら巡り合いませんでした。

今回は諦めるしか無さそうなので、そっと見守ろうと思います。

 

まとめ

本日は塵は塵にでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました