【MTG 高騰】ボーラスの工作員、テゼレット 決めたくなる奥義

ボーラスの工作員、テゼレット MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2021年8月23日現在

今回の1枚

今日は私も大好きなプレインズウォーカーを紹介します。お膳立てが大変ですが、一撃必殺もある実力派です。ミラディン包囲戦の青黒プレインズウォーカー。

ボーラスの工作員、テゼレット Tezzeret, Agent of Bolas です。

ボーラスの工作員、テゼレット

まずは効果を解説します。どれもアーティファクト絡みの効果です。

+1はデッキトップから5枚のカードを見て、アーティファクトを手札に加えられます。初期忠誠度が低いのが欠点ですが、着地後すぐに+1効果を使うことで、手札消費なく出せて稲妻圏内から脱することができるのは良いですね。

次に-1でアーティファクト1つを5/5のアーティファクト・クリーチャーに変えます。自分を守れるプレインズウォーカーは強い!の法則でいうとブロッカーを作れるのは有能。攻めにも転じられるのも素晴らしいですね。

そして、奥義が-4と打ちやすく、自分がコントロールするアーティファクトの2倍のダメージを与えます。つまり、アーティファクトが10個あれば一撃必殺というわけです。これが決定的な仕事をするので、ここを目指す戦い方をするのが一般的な使い方になります。

 

価格情報

ボーラスの工作員、テゼレット価格

少し落ち着いてきていますが、なかなかの価格になっていますね。

ちょうど上がってきた時期がモダンホライゾン2の発売時期と被っているのがポイントです。

 

高騰理由

昔からテゼレッターと呼ばれるデッキで活躍しています。その名の通りボーラスの工作員、テゼレットを主軸に据えたコントロールタッチなデッキです。手順としてはアーティファクトをガンガン並べてテゼレットの奥義でフィニッシュするという単純なものですが、1ターンテゼレットを守らなくてはいけないのが大変でした。そこで使われているのが、ソプターコンボのパッケージです。

飛行機械の鋳造所 弱者の剣

時間稼ぎにはもってこいのコンボなので、噛み合っていますね。それに加えて、新勢力の思考の監視者が壁クリーチャー兼ドロー要因として活躍しているみたいです。青黒に白を足す構築もあるので、虹色の終焉なんかも入るのだとか。

思考の監視者 虹色の終焉

地味な強化を受けつつ、古くからあるデッキだということで組みたい人が増えたことが増えたんじゃないかな?と、高騰理由として想像しています。

 

今後の予想

とりあえず今の価格をキープしそうですね。直近では落ち着いてきていますし、妥当な価格だと思います。

再録がありそうでほとんどないので、若干上がる可能性も秘めています。ほしい方は今買ってもいいかもですが、落ち着いているので急いで買うカードではなさそうですね。

 

個人的な投資状況

4枚ありますが、自分用です。はじめてモダンようとして4枚揃えたプレインズウォーカーなので、思い入れがありますね。

今後も大事にしようと思います。買い増しは・・・今は良いかな。

 

まとめ

本日はボーラスの工作員、テゼレットでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました