【MTG 高騰】守護者計画 シミックの強さの秘訣はその多様性

守護者計画 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。

2021年5月25日現在

今回の1枚

カスレアがある日突然高騰する。そんなことがあるのはマジックの醍醐味の一つです。一方で、長い年月をかけてカスレアと呼べる水準を脱出し、そこそこの価格まで上がってくるカードもります。今日はラヴニカの献身より、そんな緑のレアエンチャント。

守護者計画 Guardian Project です。

守護者計画

シミックの強さの秘訣はその多様性にある。

まず、効果を解説します。

トークンでないクリーチャーカードを出したらを1枚ドロー。という効果です。ただし、自分の場や墓地に同じ名前のクリーチャーがいない場合に限ります

同じクリーチャーを沢山採用しなければ簡単にカードが引けますが、問題は4マナ支払って設置して、クリーチャーを唱えてようやく1枚ドローなのでコスパはかなり悪いです。最低限ロングゲームにしてクリーチャーが出る機会を増やしたいところですが、そのゲームプランがクリーチャー沢山デッキにマッチしていません。使い勝手的に活躍の場は少なく、ストレージに10円で眠るカスレアでした。

 

価格情報

守護者計画価格

まず、最安100円越えにそもそも驚いた方も多いのではないでしょうか?

ここだけを見るとそこまで上がっていないように見えますが、1年前までトリム平均40円、最安10円だったカードだと考えると大出世ですね。

発売から2年数カ月しか経っていないカードが1年かけてここまで来たということは、これからも期待できそうです。

 

高騰理由

高騰の理由としては統率者戦の需要です。つまり、同名カードがルール上、1枚も入っていないわけなので、確実にクリーチャーが出たら1枚ドローができます。

相性の良いデッキとしては、エルフなどの横並び系何度もクリーチャーを唱えるコンボ系にお呼びがかかっているようです。このあたりのジェネラルが有名。

養育者、マーウィン 冒涜されたもの、ヤロク

他にも相性の良いジェネラルは良そうですね。クリーチャー主体のデッキで緑が入っているなら試してみても良いと思います。

 

今後の予想

じわじわ上がり続ける案件でしょう。今年中には500円に届くと予想しています。

ドンピシャで統率者戦向きのカードが最近のセットには入ってきますが、ある程度集めておくのが良さそうです。特にストレージで見つかるようなカードは投資しやすいので狙っておくのが良いと思います。

 

個人的な投資状況

以前も書いたことがあるのですが、合計で200枚ぐらいありますね。(以前の記事はこちら。)もっとあるかも。笑

ここまであると売りしかないので、高止まりを待たずに売り始めています。

 

まとめ

本日は守護者計画でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました