【MTG デッキ紹介】8ボルトマーフォーク【モダン】

稲妻 MTG デッキ紹介
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2022年1月2日現在

はじめに

年も明けて高騰記事を出していきたいところですが、MTGwikiとWisdom Guild様がサーバーの不調から復旧したものの、まだ通信速度の遅延が発生しているということでアクセスを控えております。運営の皆様、安っぽい言葉になりますが、回復を祈っております。

さて、価格グラフが無くても出せる記事であればデッキ紹介があるじゃない。ということで、モダンで愛用しているビートダウンをご紹介します。ただ、問題がもう一つ発生していて、デジカメがまさかの不調です。ということでテキストとカード画像のみでお届けしようと思います。近いうちに実際の写真を上げる予定です。

ちなみに「エイトボルトマーフォーク」と呼んでいます。

 

デッキリスト

とりあえずリストを見て頂くのが良いと思いますので、さっそくどうぞ。

メイン

<呪文40枚>
4 激浪の形成師
3 呪い捕らえ
4 水底の生術師
4 稲妻
4 霊気の薬瓶

4 マーフォークのペテン師
4 アトランティスの王
4 真珠三叉矛の達人
4 銀エラの達人

1 海と空のシヴィエルン
4 魔術師の稲妻

<土地20枚>
4 沸騰する小湖
4 蒸気孔
4 尖塔断の運河
4 変わり谷
3 焦熱島嶼域
1 島

<サイドボード15枚>
1 呪文貫き
2 蒸気の絡みつき
2 霧の呼び手

2 潮縛りの魔道士
2 潮流の先駆け
3 広がりゆく海
2 対抗呪文

1 波を司る者、コパラ

 

デッキの概要

見ての通り、少し特殊なタイプのマーフォークになっています。モダンのマーフォークは基本的に青単、もしくは青緑で組まれることがほとんどです。が、私が使っているのは青赤のタイプです。赤の要素は8枚の稲妻のみになっています。

稲妻 魔術師の稲妻

これがやりたいがためのタッチ赤構成です。マーフォークにはウィザードが多い為、魔術師の稲妻はほとんどの局面で1マナ運用ができます。一応、工夫としてデッキ構築段階でマーフォーク・ウィザードを多めに採用し、安定感を高めている感じです。このあたりが普通は使われないけど、このデッキでは大事なマーフォークたち。

呪い捕らえ 水底の生術師

 

デッキの動き

基本は普通のマーフォークと同じです。並べて殴る。そこに重点を置きます。では、8枚の稲妻はどう使うのか?ここをメインで書いていきます。

ズバリ8枚の稲妻は・・・奥の手です。

よほどのことがない限り、序盤には8枚の稲妻を使うことはありません。除去しないと負けが確定しているようなカードでない限りクリーチャーに撃つことはありませんし、マナが余っているから本体に撃つこともしません。

速やかにライフを削り切ることを目的とするのであれば、序盤からガンガン使っていけば?と思われるかもしれませんが、最も勝率が高いのはしっかりマーフォークとして殴り切り、最後のとどめとして一気に稲妻を吐き出すパターンになっています。例えば、こんな感じ。

1ターン目:霊気の薬瓶
2ターン目:なんかマーフォーク・ウィザード×2
3ターン目:ロード持ちマーフォークなど展開し攻撃
4ターン目:総攻撃+稲妻本体×2

このパターンが理想的です。このデッキは普通のマーフォークにはない本体火力で、相手のライフ管理を大きく狂わせることができます。強みは最大限活かしてぶちかました方が良いわけですね。

各マナ域の優先順位は以下の通り。

1マナ:霊気の薬瓶(3ターン目以降なら基本出さない)
2マナ:銀エラの達人
3マナ:ロード持ち含めて2アクション

勝負は3ターン目。3ターン目には奥の手以外の手札を吐き出しきって、プレッシャーをかけていくのが大事になってきます。

キレイに決まった時の圧倒的なスピードは癖になること間違いなし!

 

このデッキの弱点

弱点は回りが悪かった時の弱さがハンパないことです。とにかく1~4ターン目までスムーズに動けないとほぼ勝つことができません。よって、土地を4枚引いた時点でゲームオーバーです。笑

あとはロードを2体は引きたいとか、霊気の薬瓶欲しさにマリガンするとそもそも勝てないからしたくないとか、1マナクリーチャーの線が細すぎるとか。文句はいろいろあって、不安定さばかりが際立ち、本当にあらゆる問題点を抱えて勝率が低いデッキです。安定感を高める工夫はしていても、やはり限界はありますね。

 

今後どうしようか・・・

この構築自体は面白いと思っていて、やっていて楽しいのですが、いかんせん安定感が無さ過ぎます。海と空のシヴィエルンが登場したので、ここでシンプルな構築に戻すべきかなと・・・。少し残念ですが・・・。

ただ、何とか「好き」も残したいと言いうことで、通常の稲妻4枚を残した構築を模索するつもりです。アイディアありましたら、ぜひコメントで教えてください。

 

まとめ

本日は8ボルトマーフォークのデッキ紹介でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

  1. 今年もよろしくお願いします

    安定感を求めると、ウィザードかマーフォークか何か削らないと厳しそうですね

    ウィザードメインで、海門の嵐呼びや調和の神童でETBの複数回誘発とかプランを変えて見ても面白いかもしれません

    • コメントありがとうございます!
      調和の神童は一瞬「おっ!」と思いましたが、
      相性の良いカードを調べていくうちにウィザードデッキになってしまいそうでやめました。笑
      あくまでもマーフォークにこだわってウィザード要素を削ってみます。
      また見に来てください!

タイトルとURLをコピーしました