【MTG デッキ紹介】スタンダードのデッキを作ろう! その6

騒音のアフィミア MTG デッキ紹介
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。


2021年2月14日現在

はじめに

「スタンダードのデッキを作ろう!」の第6回です。

デッキのコンセプトなどは「その1」を見て頂ければと思います。ざっくりいうと、

とにかく安いこと!メインデッキを5,000円以内。

そして、安く作るために「殴れて、他の色を使わなくてもよさそうな、安い、レアクリーチャー」を探そう!!ってところまで終わりました。

昨日に続きピックアップした安レアクリーチャーを中心としたデッキを作っていこうと思います。

 

デッキ紹介 黒単オーラ

今日のエースはこのカード。騒音のアフィミアです!

騒音のアフィミア

墓地にエンチャントを供給し続ければ、毎ターン2/2を出し続けることができる能力を持っています。これを活かすために除去エンチャントで相手クリーチャーを除去しながら墓地にエンチャントをためていく構成。キーカードは憎しみの幻霊です。

憎しみの幻霊

このカードがいる状態で除去エンチャントを使うと後続を引き込むことができます。また絆魂が付いているので各種強化エンチャントとも相性良いですね。テンポよくマウントを取っていければ有利に進みます。

デッキの中は軽量のクリーチャーとエンチャントで埋め尽くされるんですが、折角なのでカルドハイムから新カードを採用したいなーということで、1種類採用してみました。

それではデッキリストどうぞ。

 

テイク1 新カード入れてみた

テイク1

以前、組んでいたこともあり、勝手が分かっているので作りやすかったですね。このデッキの問題は金額です夢の巣のルールスの金額が重いんですよね。これを調整していくのが今日のテーマです。

新カードは枯れ冠のみですが入れてみました。

枯れ冠

このデッキは除去エンチャントをしていくデッキです。が、今までは黒の除去できるエンチャントはモーギスの好意、死の重み、ぬかるみの捕縛の3種でした。そこに新しく追加されたのが枯れ冠なんですが、確定の除去でもないので試しに使ってみよう程度でした。

が、環境には意外と一点集中というか、全力で大型クリーチャーを出しに行くランプデッキが多く、出てきた大型クリーチャーに貼り付けることでテンポを取り返すことができていいなと思ってます。はじめは2枚でしたが、4枚に増量しました。早いターンにシステムクリーチャーに貼ることで5点ぐらいのダメージが期待できるのも良いですね。ダメージを恐れて生け贄にしてくれるなら御の字です。

 

どうやって金額を削るか?

現在の金額をまず計算してみましょう。

モーギスの好意 20円×4=80円
鋸刃蠍 30円×4=120円
死の重み 10円×4=40円
憎しみの幻霊 50円×4=200円
踏み穴のクレーター 30円×4=120円
ぬかるみの捕縛 20円×4=80円
枯れ冠 20円×4=80円
騒音のアフィミア 50円×4=200円
死より選ばれしティマレット 30円×1=30円
悪魔の抱擁 100円×2=200円
夢の巣のルールス 1,000円×4=4,000円
ロークスワイン城 400円×4=1,600円
※基本土地は無料

計6,750円。やはりオーバーしています。

金額的に重いのは夢の巣のルールスロークスワイン城の2種。どちらも強カードですが、個人的に欠かせないと思っているのはロークスワイン城です。クリーチャーも除去もテンポよく展開できる代わりに、土地が多く来てしまったときのどうしようもなさはトップクラス。なので、いざとなった時にライフと引き換えでもカードを引けるロークスワイン城は必須級だと思っています。

となるとルールスを減らすしかないんですが、2枚減らせば5,000円以内に収まりますね。減らした2枚分の入れるカードを探した結果・・・。

 

完成!

完成

3マナ帯を削ったので、同じ3マナ帯から死住まいの呼び声マーンの戦慄の隆盛を1枚ずつお試し採用。金額はこうなりました。

モーギスの好意 20円×4=80円
鋸刃蠍 30円×4=120円
死の重み 10円×4=40円
憎しみの幻霊 50円×4=200円
踏み穴のクレーター 30円×4=120円
ぬかるみの捕縛 20円×4=80円
枯れ冠 20円×4=80円
騒音のアフィミア 50円×4=200円
死より選ばれしティマレット 30円×1=30円
マーンの戦慄の隆盛 80円×1=80円
死住まいの呼び声 80円×1=80円
悪魔の抱擁 100円×2=200円
夢の巣のルールス 1,000円×2=2,000円
ロークスワイン城 400円×4=1,600円
※基本土地は無料

計4,910円!ギリギリクリア!

ただ、やはりルールスが安定的に手札に来るのと来ないのとでは差があるので、お金に余裕があるなら増やしていきたいですね。

 

オマケ

今回のデッキも少し回してみたので、プレイ画像を置いておきます。

1

3ターン目にしてこの展開力。横に並べるのも得意です。

2

新カード枯れ冠の活躍シーン。きつい状況には変わりませんが、大型クリーチャーが沈黙。

3

この状況でも諦める必要がないのが良いですね。トップデッキ次第で逆転可能。このゲームはここから土地が続き投了しましたが、除去エンチャントが1枚でも来れば、飛行パンチ+自分の鋸刃蠍を除去で勝っていた・・・。

4

枯れ冠!仕事する!!

 

明日からは高騰カード紹介に戻りつつ、たまに続編を上げていこうと思います。

 

まとめ

本日はスタンダードのデッキを作ろう! その6でした。

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました