【MTG 高騰】ウェザーライトの英雄、ジェラード これぞ主人公

ウェザーライトの英雄、ジェラード MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2022年10月1日現在

今回の1枚

最近よく見るというか、今までもとりあえず雑に活躍するイメージがあったクリーチャーを取り上げたいと思います。ストーリー上も超重要なポジションのキャラクターです。統率者2019のレアクリーチャー。

ウェザーライトの英雄、ジェラード Gerrard, Weatherlight Hero です。

ウェザーライトの英雄、ジェラード

ジェラードが最後にとった行動は、決して滅ぶことのない彼の遺産をはっきりと残した。

ストーリーに関しては割愛します。まさに主人公ポジションで大活躍したキャラクターです。是非とも調べてみてください。

4マナ、3/3、先制攻撃。まあまあのスタッツですが、やはり特筆すべきは効果です。死亡時に追放され、墓地にあるこのターンに墓地に落ちたアーティファクトとクリーチャーを戦場に戻します

分かりやすい使い方としては2つあり、全体除去への抑止と能動的にパーマネントを生け贄にするカードとのサクリファイスコンボです。後者はコンボを組む必要がありますが、最低でも全体除去への抑止になるのが優秀。なので、統率者戦では色が合っていれば雑に入れるだけで割と活躍します。

ちなみに、このカードは統率者デッキに収録された伝説のクリーチャーということで、ジェネラルにすることを想定されているわけです。ジェネラルであれば墓地に落ちようが、そのあと追放に行こうが結局統率者領域に戻せるのに回りくどい効果だなと思いませんか?これには理由があって、このカードが出た当初は墓地に落ちたジェネラルを統率者領域に戻すなら死亡誘発は発動しないルールだったんです(現在は修正されました)。その為、このカードはジェネラルにしても死亡誘発が使えるようにこのようなデザインになったのだと思われます。たぶん。

 

価格情報

ウェザーライトの英雄、ジェラード価格

良い感じに上昇中。世の中の在庫はかなり少なくなっているようです。

3年前に登場して以来、再録はありません。ストーリー的にも重要なキャラクターですし、Secret Lairとかで再録されそうですよね。

 

高騰理由

これは特に新しいコンボがあるわけではありません。色が合っていればとりあえず入れておいていいと思います。もちろん、アーティファクトとクリーチャーが多めのデッキであれば・・・。

特にこういうジェネラルにはバッチリかみ合います。予想通りだと思いますが、軍団のまとめ役、ウィノータですね。

軍団のまとめ役、ウィノータ

あとは理由としては経年による高騰と考えるのが妥当です。統率者2019は流通量が少なく、数多くの高騰カードを出している強力セットだったこともあり、高騰しやすい事情もありますね。

 

今後の予想

現時点では市場の在庫がほぼ消えている状態だと思いますので、少し過剰な価格になっている気がします。妥当なところは500円を超えたところぐらいでしょうか?ただ、これは市場の在庫はなんだかんだ復活してくるという想定です。

統率者2019というのが気になるんですよね。市場の在庫が復活せずにこれ以上の価格でキープされる可能性も十分にある・・・かも?

 

個人的な投資状況

3枚ありました。もっとある気がしたんですが、あんまりなかったですね。ジェラードはいろんなところにいるので、他のと勘違いしていると思います。笑

1枚は残して今のうちに売りに出すつもりです。

 

まとめ

本日はウェザーライトの英雄、ジェラードでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました